HOME > 四十肩・五十肩

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩

トップ2.jpeg

四十肩・五十肩に悩まれているあなた!


当店は、あなたのお役に立てるはず!!
 
080-8433-0626



 

From 岡崎晃祐 整体院デスクより、、、


肩いた.jpeg 

気温がぐっと下がり、 冬を感じるようになってきましたね。
皆さん、体調の変化にはご注意くださいね。

今日は 五十肩についてお話ししたいと思います。

あなたには今

・服をスムーズに着れない
・お風呂で頭を洗いにくい
・夜寝るときに肩が疼いて寝れない
・ふとした動きで激痛が走る

というような悩みがありませんか?

1つでも当てはまればこの続きを読んで下さい。

「色んなところで五十肩の治療を受けたのですが中々治りません、、、」
という方が当院にはよく来院されます。

・肩関節周辺に電気治療を受けた
・肩に鍼をうってもらった
・肩の運動をリハビリでおこなった
・肩周りのマッサージを受けた etc

これらはよく聞きます。

でも治らない、、。
なぜでしょうか?

それは 実は

股関節の動き
背骨の動き(胸椎下部、腰椎上部)

が硬くなってしまっているからです。

右肩が挙がらなかったら 左の股関節
左肩が挙がらなかったら 右の股関節
がかなりの確率で硬くなっています。

五十肩に限らず肩関節の動きが悪い人は
人の体の構造上、股関節の動きが硬いです。

ですが事実あまり知られていません。
治療家の間でも この事実は知られていない事が多いです。

そしてその動きの連結する部分が

背骨(胸椎下部、腰椎上部) なのですが

この部分の動きが悪いと
肩が上がりにくくなるだけではなく
背中が丸くなったり、首の動きが悪くなったり
様々な障害が起こります。

もっと深く言うと 腎臓の影響も相互する場所なので
腎臓への負担も考えながらアプローチしていかないといけません。

四十肩.jpeg

話をまとめますと
五十肩の治療は

肩関節周辺ばかり触っていても
治らないということです。

根本的に効果的に早く改善させるためには

【股関節の柔軟性】
【背骨の動きの柔軟性】

を出すためのアプローチが 必ず必要です。

もう一度言いますが
もしあなたが今

・服をスムーズに着れない
・お風呂で頭を洗いにくい
・夜寝るときに肩が疼いて寝れない
・ふとした動きで激痛が走る

というような 五十肩の症状に
悩んでいるのであれば 一刻も早く
正しい効果的な治療を受けてください

ある月には、五十肩で悩まれていた方23名が
改善され充実した生活に戻られました。

正しい治療を正しい期間正しい理解を持って、
取り組むことができれば 体は必ず治ります。

一秒でも早く、
あなたがもう一度気持ちよく肩を気にせずに
充実した生活を送れることを願っています。

おかざき整体院

 

IMG_3491 のコピー.jpeg


~お客様の声~

●ゆみこさん(40代、事務、文京区駒込)

ある日突然、肩が上がらなくなってしまい驚きました。だんだんと、痛みが出てきてしまってどうしたら良いかわからない時に、岡崎先生を紹介していただき、伺いました。どれくらいの期間が掛かってしまうのか不安でしたが、初めからどれくらいの期間必要です。と言って頂けて安心しました。
丁寧に説明もしてくれるのでとても良いです!おかげさまで、肩の動きは回復し、今ではメンテナンスに伺うようにしてます。


●じゅんこさん(60代、主婦、文京区千石)

夜寝ている時にも痛みが強くあって困っていました。ねれないほどの痛みがこんなに続くのは、
とんでもないと病院に行きましたが、痛み止めをもらって終わり。。。
一向に良くなることはありませんでした。こちらに伺ってからしばらく経ちましたが、
ずいぶん良くなってきましたよ。良かったです。
私の場合、股関節も固いようでそこからの影響も強くあるようなので、徹底して良くしてもらいたいと思います!よろしくお願いいたします。

●とみこさん(50代、自営業、豊島区駒込)
大好きな趣味が出来なくなってしまうほど、肩が痛くなってしまって整形外科に行っても良くなりませんでした。諦めかけていたのですが、チラシを見て来てみようと思いお世話になりました。
どんな痛いことをされるのか不安でしたが、痛い施術じゃなくて優しい施術でした。
今では肩の痛みはなくなって、趣味をまた始められるようになったので嬉しいです!!
岡崎先生ありがとうございます!!


 

080-8433-0626




 
テル2.png

 

yoyaku_pcnet.png

yoyaku_pcline.png

施術中は電話に出られないことがあります。
必ずこちらから折り返しのお電話を致しますのでメッセージを残して頂ければと思います。 

 
 
 

このページのトップへ